仕事の心配なんてない! 最高に楽しいこれからの働き方を考えるおしゃべり会/「無事に発売できました」感謝祭
By JMAM出版 Follow | Public

~仕事の心配なんてない!~
最高に楽しいこれからの働き方を考えるおしゃべり会/「無事に発売できました」感謝祭


こんにちは!
JMAM出版部です。

2018年6月、
『組織にいながら、自由に働く。~仕事の不安が「夢中」に変わる加減乗除の法則~』(仲山進也さん著)
『マッキンゼーが当たり前にやっている働き方デザイン』(大嶋祥誉さん著)
という2冊が、ほぼ同じタイミングで発売になりました。

どちらも、テーマは「働き方」。
店頭では隣に並んでいたり、Amazonで調べると「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」に並んできたり、と、何かとつながりのある2冊(ちなみに、2冊の担当編集者の席も隣同士でした)。

しかも、中身を読み込んでいると、

・「仕事で大事なのは、夢中でいられるようにすること」
・「やりたくて得意で喜ばれることをやる、“自己中心的利他”を目指そう」
・「“何をしているのかわかりづらい人”の時代になってきた」
(『組織にいながら、自由に働く。』)

・「マッキンゼーでは、組織にとらわれず自由自在に仕事や人生を楽しみ、自分の居場所をつくり出す方が多い」
・「“好き”を軸に働き方や生き方をデザインする」
・「ワーク・ライフ・バランスではなく“ワーク・アズ・ライフ”(人生としての仕事)」
(『マッキンゼーで当たり前にやっている働き方デザイン』)

と、何だか内容も近しい様子。
「効率」や「生産性」を重視する組織目線の「働き方」ではない、働く人の視点に立った「働き方」。編集担当者同士、読み比べて「なるほど」と思うところが多々ありました。

でも、じつは著者同士の面識はないのです。

それはとても勿体ない!!!

「この2冊が、無事に完成し、発売できた感謝の気持ちをこめて、著者のお二人を、お引き合わせしよう!」
「でも、せっかくならば、共通の知人である伊藤羊一さんもお呼びしておしゃべりしよう!」
「だったら、本の制作に携わったデザイナーさんや、販売にご協力いただいた皆さんもお招きしよう!」
「ならばいっそのこと、お客さんにも来てもらってみんなでおしゃべりしよう!」

そんな思いから企画したのが、今回のイベントです。


著者のお2人に対する「感謝」
制作・販売に協力していただいた皆さんへの「感謝」をこめた、
「無事に発売できました」感謝祭!

編集担当2人からの感謝の気持ちをこめて、参加いただいた皆さん全員にちょっとした特典も用意しています。

祝日の午後、たっぷり3時間をかけて、伊藤羊一さん、仲山進也さん、大嶋祥誉さんと一緒に、「最高に楽しい働き方」について考えてみませんか?

皆さんのご参加、お待ちしています!

(編集担当に、編集担当か)

【イベント概要】
ワークライフバランスという言葉が一般的になって数年が経ちました。
しかし、どれほどの人がそれを実現しているでしょうか。
働き方改革は国を挙げて取り組むべき課題となり、企業の社会的責任とも言えるほどになりました。
しかし、実際に行われていることといえば、「ノー残業デー」「テレワーク」など時間を減らすための方法論ばかりです。

仕事量は変わらないのに、時間ばかりが減ってしまう。
そんな状況にあって、仕事に不自由さ、閉塞感を抱え、これからどう働いていくべきか悩んでいるビジネスパーソンが数多くいます。

そんなモヤモヤを晴らし、自分らしく、自由に働く、つまり「最高に楽しい働き方」を実現させる方法を、同じ時期に弊社から、働き方に関する本を刊行した
【楽天大学学長・仲山進也さん】(『組織にいながら、自由に働く。』2018年6月刊)、
【センジュヒューマンデザインワークス代表/エグゼクティブコーチ・大嶋祥誉さん】(『マッキンゼーで当たり前にやっている働き方デザイン』2018年6月刊行)
に加えて、
【Yahoo!アカデミア学長・伊藤羊一さん】をゲストに迎えて、解き明かします。

【主なテーマ】
・今感じている「モヤモヤ」の正体とは?
・自分らしさ、自分の強みを見つけ、高めるには?
・これからの働き方とは?
・働く上での「自由」とは?
・楽しい働き方とは?
・仕事を遊ぶには?

【プロフィール】50音順
伊藤 羊一(いとう よういち)
ヤフー株式会社 コーポレートエバンジェリスト Yahoo!アカデミア学長。
株式会社ウェイウェイ代表取締役。東京大学経済学部卒。グロービス・オリジナル・MBAプログラム(GDBA)修了。1990年に日本興業銀行入行、企業金融、事業再生支援などに従事。2003年プラス株式会社に転じ、事業部門であるジョインテックスカンパニーにてロジスティクス再編、事業再編などを担当した後、2011年より執行役員マーケティング本部長、2012年より同ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。
かつてソフトバンクアカデミア(孫正義氏の後継者を見出し、育てる学校)に所属。孫正義氏へプレゼンし続け、国内CEOコースで年間1位の成績を修めた経験を持つ。
2015年4月にヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授としてリーダーシップ科目の教壇に立つほか、多くの大手企業やスタートアップ育成プログラムでメンター、アドバイザーを務める。
著書に『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』(SBクリエイティブ)、『キングダム 最強のチームと自分をつくる』(かんき出版)がある。

大嶋 祥誉(おおしま さちよ)
センジュヒューマンデザインワークス代表取締役
上智大学外国語学部卒業。米国デューク大学Fuqua School of Business MBA取得。米国シカゴ大学大学院人文科学学科修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ワトソンワイアットなどの外資系コンサルティング会社や、日系シンクタンクの三和総合研究所などで経営戦略や人材マネジメントへのコンサルティングに携わる。
また、17年以上にわたり、エグゼクティブへの“人材戦略コンサルタント”として活動。一部上場企業を中心に経営者、役員、幹部へのパーソナル・コンサルティングを行う。結果を出す“チームビルディング”にも定評があり、大手企業からベンチャー企業まで2000以上のチームに対してチームビルディングを実施。「良いチーム」を作るプロでもある。
誰でも出来る「思考整理」「ロジカルシンキング」などのメソッドや「ノート術」の達人としても活躍。ワークショップや研修を行い、わかりやすさやシンプルさに定評がある。また、パーソナルビジョン、キャリアデザイン、セルフブランディングなど、個人の力や人生のコンセプトを引き出し、個人の生き方、働き方の戦略を考えるライフ戦略コンサルタントとしても評価が高い。
日本でもよく耳にする「マインドフルネス」の1つとして「瞑想」が挙げられるが、世界で600万人以上が学ぶ「TM瞑想」を20年以上実践しており、エグゼクティブに対してTM瞑想だけでなく生産性を上げる効果的な休息法や習慣なども指導している。
著書に『マッキンゼーで当たり前にやっている働き方デザイン』(日本能率協会マネジメントセンター)、『マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書』『マッキンゼー流 入社1年目ロジカルシンキングの教科書』『すべての仕事は「問い」からはじまる たった1秒の「問題解決」思考』(SBクリエイティブ)、『仕事の結果は「はじめる前」に決まっている マッキンゼーで学んだ段取りの技法』(KADOKAWA)などがある。

仲山 進也(なかやま しんや)
楽天株式会社楽天大学学長、仲山考材株式会社代表取締役。
1973年、北海道生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、1999年に社員約20名の楽天へ。初代ECコンサルタントであり、楽天市場の最古参スタッフ。2000年に楽天市場出店者が互いに学び合える場として、「楽天大学」を設立。Eコマースのみならず、チームづくりや理念づくりまで幅広く支援している。2004年にヴィッセル神戸の経営に参画。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業自由・勤怠自由)となり、2008年には自らの会社である仲山考材を設立。2016〜2017年にかけて横浜F・マリノスとスタッフとしてプロ契約。
著書に『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則 『ジャイアントキリング』の流儀』(講談社)、『あのお店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか』(宣伝会議)などがある。

【日時】
日 時:2018年9月17日(月)14:00~17:00 (開場:13:30)
※イベント終了後、懇親会あり

場 所:日本能率協会マネジメントセンター
    東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10F
http://www.jmam.co.jp/company/map/1216659_2231.html
参加費:3,900円
※『組織にいながら、自由に働く。』『マッキンゼーで当たり前にやっている働き方デザイン』のどちらか一冊付(お持ちの場合は、同額の書籍と交換有)